習い事

子供にオススメの習い事「将棋✖︎華道・生け花」について、ご紹介!

皆さん、こんにちわ。
子供に何を習わせるか悩んだら、日本文化が身につけれる習い事を始めてみてはいかがでしょうか。伝統的な日本文化を学べる子供の習い事は、グローバル化が進む国際社会に生きる子供たちに自国の文化をしっかり身に着けてほしい、礼儀作法や教養を身に着けてほしいと願う親御さんに人気の習い事です。今回は人気の習い事を厳選しましたので皆さんに紹介したいと思います。

将棋

 

子供の将棋の習い事は、日本の伝統文化である将棋を子供のころから習うことで、脳を鍛えることができる、先を読む力がつく、頭がよくなる、集中力がつくなどの理由で今も昔も人気のある習い事です。将棋盤と駒さえあれば、どこでも、だれとでも将棋を指すことができますし、昨今は将棋のアプリ(ゲーム)などで一人で練習をすることも可能なので、始めやすい習い事のひとつだと言えるでしょう。子供の将棋の習い事は、藤井聡太七段のようなプロ棋士を目指す道もあれば、一生楽しめる趣味を持ったり、日本の伝統文化を伝えていく役目を担うことができたりもする、間口の広い習い事だといえます。

将棋のメリット

  •  忍耐力のある粘り強い子に育つ。
  •  集中力がつく。
  •  先を読む力がつく。思考回路が鍛えられる。
  •  年齢に関係なくできるので、一生涯続けられる趣味になり、子供自身の人生が豊かになる。
  •  礼儀礼節を学ぶことができる。
  •  上を目指せば、プロ棋士という道がひらける可能性も。

月謝

・月謝、月謝以外にかかるお金について

1回あたり3,000円です。月2回だと6,000円です。あとは、大会参加費が大会により異なり、無料、~2,000円程度とさまざま。大会に出ない子もいるので、大会にかかる費用は個人差があります。

・必要な用具・用品代について

将棋盤と駒はあったほうが便利です。100円〜数万円のものまでさまざま。

棋士(プロ棋士)になるには?

将棋のプロ棋士になるには、将棋のプロ育成機関の奨励会に入会し、四段まで昇段することが必須です。
奨励会の受験資格
・満19歳以下
・プロ棋士から受験の推薦をもらうこと
・プロ棋士の弟子になること
ほとんどの人が小学生から奨励会へ入会し、4段を取りプロ棋士となるようです。
藤井七段は中学生のときにプロ棋士になりました。
ちなみに棋士になれるのは半年で2名ほどで、相当難易度が高いといわれてます。
年収は最低でも800万~1000万となるためプロ棋士になればほぼ食べることには困らないです。

華道・生け花

 

子供の華道・生け花は、花などの植物を組み合わせて芸術的に生ける、日本伝統文化の一つ。

昔はお花を花瓶に挿し床の間を華やかに彩るための一部として知られていました。近年は古き良き伝統を守りつつ、心のゆとりや集中力を養うために、幼少期から生け花を習う子どもたちが増えています。

華道・生け花のメリット

・植物に触れることで自然の大切さを覚える
・想像力・発想力・集中力が養われる
・色彩感覚が養われる

月謝

全国の相場は6,000円~12,000円が一般的です。月謝の中に花材代が含まれている教室もあれば、別途花材代を支払わなければいけない教室もあります。

華道家になるには

華道家には特別な資格は必要ありません。華道には多くの流派があります。流派の家元の家に生まれて、そのまま華道家としての道を歩んでいく人もいれば、各流派で学び、その後独立して華道家となる人もいます。有名な華道家では4億稼ぐ人もいますが、平均的な年収は200〜300万と推定されます。

まとめ

将棋と生け花の習い事について、特徴・メリット・月謝・将来性についてご紹介しました。
少しでも興味があれば、お近くの教室で募集されている、体験教室などに参加されて体験してみてはいかがでしょうか。
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

参考;※日本将棋連盟・日本華道連盟

Translate »