習い事

【最新】子どもの習い事ベスト5をご紹介!

こんばんわ。

突然ですが、皆さんはお子さんに習い事を一つでもさせていますか?小学生の習い事って色々あり、どれをいつから始めれば良いのか悩んでしまいますよね?将来のために役立つこと、そしてある程度子供の意思も尊重しながら、楽しく習い事ができるといいですよね!そんな悩みを持つ小学生ママのために、今回は小学生から習わせたい習い事を5選ご紹介します。

習い事をさせるメリット

1視野の幅を広げられる

習い事をさせることで子供自身が色々と経験でき、今まで見られなかった世界が見られることで視野がグッと広がります。触れて体感することは、子供にとっては強烈な刺激となり、自分の世界が一気に広がります。

2運動不足が解消される。手先も器用になる。

スポーツ系の習い事を取り入れることで日頃の運動不足を解消することもできます。体を動かすことで、子供ながらに受けるストレスも十分に発散でき、心も体も強くなるといわれています。ピアノや習字などの習い事は手先を器用にしてくれ たり、人の作品を見たり聞いたりすることで目や耳を鍛えるたりすることが出来ます。

 

習い事ベスト5

1.プログラミング

2020年からプログラミングが小学校教育で必修科目になります。必修化の背景として国際的な競争力の強化・IT人材育成があります。世界的にはすでに90%の職業で基礎的なITスキルが必要だとされており、経済産業省の調査で2030年には59万人ものIT人材が不足するという背景があります。以上のことからかなりオススメの習い事です。

月謝:5000円〜10000円

2.英語

 

「小学校の必須科目」という理由が一番大きいです。授業が始まる前に英語に慣れておくため、とか免疫をつけておくといった理由も多いです。英会話を習うことで英語習得だけでなく、海外の文化を知ることができるため、世界に視野を広げることができます。

月謝:5000円〜10000円

3.硬筆・習字

字が綺麗だと第一印象で褒められます。正しい姿勢や筆の持ち方も身に付けることができます。書けば書くほど目に見えて字が綺麗になっていくことが、子供にとっての自信へと繋がります。

月謝:3000円〜5000円

4.水泳

 

全身運動だから体力がつきそう。呼吸系の訓練になりそう。といった理由が多いです。学校の授業が始まる前に水に慣れさせておきたい。学校の授業だと水泳を習得するには難しい足りないかな。授業の補完として水泳を習わせるという理由もあリます。

月謝:6000円〜7000円

5.ピアノ

リトミックに通って音楽の才能があると才能を伸ばしたいという親御さんもいらっしゃいます。何度も練習することで身に付く忍耐力や集中力に加えて、手先の器用さを伸ばすことができます。

月謝:5000円〜6000円

費用と選ぶ基準

●平均費用は約2個の習い事で、月に1万円1つあたり6千円程度で学齢が上がっていくごとに習い事の数も増えそれに比例して費用も増加傾向にあります。外食代やママが使える費用から捻出している方が多いようです。

●習い事を選ぶ基準は、教えてくれる先生やその教室の友達との相性が重要です。初めての方はぜひ体験レッスンを活用してください。お子さんが楽しそうか・なじめそうかを判断に習い始めるかを決めるのも重要なポイントです。

最後に

習い事は子ども次第です。小さい頃から自分で決める習慣をつけるのは大切なことです。また、親に言われたからではなく、自分でやりたいと思って始めた習い事なら、つらいことがあっても、続けていくパワーが違ってくるからです。

ただ必ずしも、流行りや人気の習い事や、他の子と同じことをさせればいいというわけではありません。習い事を始めたいと思ったときには、子供の気持ちを第一に考えて選びましょう。

お子さまの良いところが、ぐんぐん伸びますように!

 

 

 

Translate »