対処法

【最新】ヒートショックの対策予防法をご紹介!

みなさんはヒートショックという言葉を最近よく耳にすると思います。

ヒートショックとは、温度の急激な変化で血圧が大きく変動し、

心筋梗塞や脳血管障害などを起こすことを言います。

特に動脈硬化が進行した高齢者に多く、

浴室やトイレで起こりやすいと言われています。

私の祖母も昨冬にヒートショックで心臓に負荷がかかり浴室でなくなりました。

冬場の入浴では、暖かい居間寒い浴室の温度差が大きく、

大きな血圧の変動があると、心臓に負担がかかり、

脳卒中などが起きる危険性が高くなります。

ヒートショックを予防するために、

次のことに気をつけましょう。

Sponsored Links

ヒートショックを予防するための5つのポイント

5つのポイント

①脱衣所や浴室、トイレを暖める

②シャワーを使って湯をはる

③衣類で温度調節をする

④風呂の湯の温度を41度以下にする

⑤入浴前に家族に一声かける

 

脱衣所や浴室、トイレを暖める
脱衣所や浴室は、使用前に暖房器具で温めておく、トイレは暖房便座を利用することで、血圧の変動が少なくなります。

シャワーを使って湯を張る
高い位置から、シャワーを使って浴槽へ湯を張ることで、浴室全体を温めることができます。

衣類で温度調節をする
暖かい居間から寒い廊下に出るときや、朝起きて布団から出るときには、衣類を羽織るなどして体が冷えるのを防ぎましょう。

風呂の湯の温度を41度以下にする
高い温度の浴槽にいきなり入ると心臓に負担がかかります。心臓に遠い手や足から、掛け湯をするなどして、湯の温度に体を慣らしてから浴槽に入るようにしましょう。また、湯の温度を41度以下にすることで、急激な血圧の変動を防ぐことができます。

入浴前に家族に一声かける
同居家族がいる場合は、家族に一声かけてから入浴することで、入浴中の体調悪化などの異変に早期に対応してもらうことができて安心です。

 

まとめ

今回はヒートショックの予防法をご紹介しました。

どれだけ温度差をなくすことができるかで効果が変わってきますのでぜひお試しください。

ここ数年は暖冬が続いていて、スキー場もオープン延期になることも多々ありますが、

普段から天気を確認し、服装も秋冬の両方がいつでも出せるように準備もしておきましょうね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

Translate »