対処法

『なぜ勉強しないといけないの?』と子供から聞かれ時の答え方をご紹介!

 

みなさん、こんにちは。

勉強を始めたばかりの子供との会話の中で、勉強する意味を聞かれることがありますよね。
確かに、学校や家庭での勉強は退屈でなぜこんなことを毎日やらないといけないの?と、思うのも不思議ではありません。「うーん。わかんない。なんでだろ〜。」と安易に答えるのではなく、慎重に対応しなければなりません
今回はいつか子供から聞かれた時にしっかりと納得させられる答え方をご紹介します。

結論:立派な大人になるため

立派な大人になるためだよ!

立派な大人になるためだよ!」

これをまず子供に伝えましょう。

・勉強しないと人生の選択肢が少ない!
・勉強が必要だと気づくのはいつも後から!
・勉強しないと騙される!
・いい大学に入るため!
・一流企業に入るため!
・将来に必ず必要になるから!

いずれも正解ですが、勉強嫌いなお子さんにとってはこのような言葉を投げかけられても、
「よし!頑張って勉強するぞ!」という気持ちにはなれません。
「なぜ勉強しなければならないのか?」という問いに明確な答えを返せる大人は少ないですし、親御さんの気持ちをお子さんに押し付けても理解出来るかどうかは微妙です。

そこで立派な大人になるとはどういうことかを聞き返してあげてください。
学校の先生やお父さんお母さんみたいな人、コックさんと答えるお子さんもいると思います。
なりたい大人像が一つでも思い浮かぶことができれば、それについて調べるように促しましょう。
そして調べてみると、先生になるには教員免許が必要でそのためには大学で資格を取らないといけないことを理解します。
「なるほど、先生になるには勉強しなければいけないのか。」とイメージすることが可能になります。
一言で勉強と言っても、年齢や考え方によって全く違った捉え方に変わる奥深いものですが、ご家庭でよく話し合うことが大切です。

強はしなければいけないことではなりません。したいと思うものでなければいけません。
美しいものや楽しいもの、不思議だと思うことがたくさんあります。
自分たちがいきている世界を知らなくてどうしますか?
好奇心を失った人が、立派な大人なわけがありません。いくつになっても勉強をすることはできます。
どうやって勉強したらわからない方は国語を勉強しましょう。
国語の学習を通して、言葉を大切にする姿勢を身につけるとともに、自分をより深く知り、よりよい自己表現ができるようになります。

国語学習の進め方!

1 まず、国語の学習でつけたい力を意識しましょう。
・感じ取る力
・考える力
・社会生活を送る力

2 そのためには、次の3つを意識して学習しましょう。
・感覚を磨く。
・考えを深める。
・「ことば」によって人間が豊かになる。

3 学習の後で、
・学習した漢字や語句を使うように心がけましょう。
・発展学習として、作者の他の作品や、関連する作品を読みましょう。
・本や新聞を、興味を持って読む習慣をつけましょう。

最後に
皆さんもなぜ勉強をするのかが理解できたと思います。
「継続は力なり」「思い立ったが吉日」です。
これを読んで、少しでも「勉強」に対する意識がかわっていただけたらうれしい限りです。
ご精読ありがとうございました!

Translate »